県立病院検討委:独立行政法人化、報告書案に盛る /埼玉

2018.11.12

県立病院検討委:独立行政法人化、報告書案に盛る /埼玉
2018.10.28 


 循環器・呼吸器病センターなど県立4病院の運営について検討する「県立病院の在り方検討委員会」が24日、さいたま市内で開かれ、独立行政法人化を盛り込んだ報告書案が示された。検討委は来月の会合で取りまとめを行う。

 対象は他に、がんセンター、小児医療センター、精神医療センターの各病院。検討委では4病院をまとめた病院事業会計が5期連続で赤字になっていることや少子高齢化に対応するため、県立病院の役割や適切な経営形態などを議論してきた。

 報告書案では、役割について「今後も全県を対象とした高度専門医療を提供すべきだ」と指摘。経営形態は、地方公務員制度に縛られずに高い処遇で医師らを確保できることや、契約などでコスト削減の工夫ができることから「地方独立行政法人が望ましい」とした。委員からは「独法化すると理事長に権限が集まる。開かれた人材登用であるべきだ」などの意見も出た。【内田幸一】

毎日新聞社