患者塾:医療の疑問にやさしく答える 医者のかかり方のコツ/上 /福岡

2018.06.15

患者塾:医療の疑問にやさしく答える 医者のかかり方のコツ/上 /福岡
2018.06.12 毎日新聞



 ■今回のテーマ 医者のかかり方のコツ

 第222回患者塾が5月19日、「医者のかかり方のコツ」をテーマに、福岡県水巻町の遠賀中間医師会館であった。原因不明の症状を抱えている時の受診方法や、身近な「かかりつけ医」の役割について医師ら専門家が丁寧に解説した。【まとめ・長谷川容子】

 ◇病状など受診前に整理を

 ◆福岡県古賀市の女性(48)

 下腹部が痛み、婦人科を受診したら消化器科に行くよう言われ、消化器科からは泌尿器科を受診するよう言われました。一度で済むかかり方はないでしょうか。

 安藤さん 今の医療は細分化しています。エコー(超音波検査)一つをとっても、内科医は肝臓、胆のう、すい臓、婦人科医は卵巣や子宮、とそれぞれ見ているところが違います。婦人科医の私が膀胱(ぼうこう)に異常があるように感じても、専門家ではないので泌尿器科での診断を勧めます。たらい回しではありません。多方面から見ていこうとしているとご理解いただきたいと思います。

 矢田さん かかりつけ医を持っていると、その人の症状から考えられる疾患を考え、交通整理してくれます。検査しないと分からないこともあり、最終的には全部の科に行くことがあるかもしれませんが、最初の段階である程度の道筋をたててくれるかかりつけ医がいたら、診断に最短で近づける可能性が高くなります。

 伊藤さん 一つの症状には必ずいくつか思い浮かべる病気があります。どの程度まで思い浮かべられるか。また、「婦人科より泌尿器科に先に行った方がいい」など順番も説明し、紹介先に「婦人科系だと思うが、泌尿器科の可能性もある。本人にそれを伝えているので、一緒に診療していただけるとありがたい」などと申し送りをしてくれるのが、いい医者です。いざというときに頼りにできる、かかりつけ医を見つけてほしい。そのためには、患者さん側にも「長い付き合いをしよう」と向き合う姿勢が大切です。

 田坂さん 弁護士にも得意不得意の分野があり、医師も同じだと思います。患者側が適切な情報を伝えれば、的確なその分野の専門家を紹介してくれるはずです。短い診察時間内に、服用している薬や病状、病歴などの情報を伝えられるよう、受診前に整理しておくのがいいと思います。

 ◇婦人科もかかりつけに

 ◆鹿児島市の女性(37)

 子宮内膜症で定期的に婦人科を受診しています。この先生をかかりつけ医と考えていいのでしょうか。かかりつけ医は内科医じゃないとだめですか。

 安藤さん 子宮内膜症は女性特有の特別な病気ですから、婦人科医がかかりつけ医になった方がいいです。婦人科とは関係なさそうな症状でも、相談していただいたら他の専門医に紹介できます。

 矢田さん 子宮内膜症は婦人科系の病気ですが、腸にも同名の病気があります。初めて診る患者さんには必ず問診をとり、かなり根掘り葉掘りお尋ねしますが、婦人科のかかりつけ医から経過や薬の情報が得られたら、診断の助けになります。

    ◆

 第223回患者塾「あの頃の医療と今の医療と」は16日午後3~6時、遠賀中間医師会館で。入場無料。

………………………………………………………………………………………………………

 ◆記者のひと言

 ◇医者とのいい関係

 批評家の故小林秀雄は病院嫌いで有名だったが、ある時、知人に勧められて大病院で健康診断を受けた。コレステロール値が高く、脂っこい食物を控えるよう注意された。

 小林はすぐに言うことを聞いたりしない。「割と信頼している」町医者の所へ行き、事のあらましを話す。医者は「そんな数字はどうでもいい。僕は君をずっと診ているから分かる。何でも好きに食べてよい」と笑い、一転、大まじめに「それより君、たばこはやめられんかね」。小林は忠告を受け入れ、好きなものを食べ、たばこをやめ、晩年まで旺盛に活動した。

 小林自身が講演で話した内容で、患者とかかりつけ医とのいい関係の一つの見本と言えそうだ。健診結果を笑い飛ばすことの是非(ぜひ)はともかく、本音で語り合えるかかりつけ医の存在は貴重である。【山下誠吾】

………………………………………………………………………………………………………

 ◇出席された皆さん

 矢田親一朗さん=遠賀中間医師会おんが病院院長(福岡県遠賀町、消化器内科)▽辛島則子さん=同地域医療連携室課長(看護師、ケアマネジャー)▽中村明子さん=同地域医療連携室(看護師)▽伊藤重彦さん=北九州市立八幡病院副院長(外科)▽安藤由起子さん=安藤ゆきこレディースクリニック院長(北九州市、産科・婦人科)▽津田文史朗さん=遠賀中間医師会会長(福岡県水巻町、小児科・アレルギー科)▽田坂幸さん=安原・松村・安孫子法律事務所弁護士(福岡市)

 ▼司会 小野村健太郎さん=北九州市立大大学院特任教授、おのむら医院院長(福岡県芦屋町、内科)