公立玉名中央病院と地域医療センター、新病院へ経営統合

2018.04.10

公立玉名中央病院と地域医療センター、新病院へ経営統合
2018.04.03 熊本日日新聞 


 県北最大規模の基幹病院の設立に向け、公立玉名中央病院(玉名市中)と玉名地域保健医療センター(同市玉名)が1日付で経営統合した。地方独立行政法人「くまもと県北病院機構」が1法人2病院体制で運営し、2021年4月に新たな病院の開院を目指す。<P>

 県北病院機構は、玉名中央病院を運営する玉名市と玉東町の企業団が母体となって昨年10月発足。玉名郡市医師会が医療センターを無償譲渡し、一つの経営体になった。職員数は計800人。<P>

 新病院は、3月末に閉校した玉名小(同市玉名)の跡地一帯に建設。26診療科、402病床を予定し、経営の効率化と急性期医療の充実を図る。玉名中央病院と医療センターは新病院に移行するまで診療を続ける。<P>

 公立玉名中央病院は1981年に自治体病院として開設。現在の病床数は302床。玉名地域保健医療センターは郡市医師会立の診療所を引き継いで85年に開設。病床数は150床。(蔵原博康)


http://www.tamana-chp.jp/org/constructinfo/files/constructinfo_03-1.pdf

 一般地方独立行政法人(非公務員型) になります