池田の予約制乗り合いタクシー*5、6、9月に実証運行*潜在需要見込み利用呼びかけ

2018.03.29

池田の予約制乗り合いタクシー*5、6、9月に実証運行*潜在需要見込み利用呼びかけ
2018.03.23 北海道新聞 


 【池田】町は22日に開かれた地域公共交通会議で、農村部と市街地を結ぶ予約制乗り合いタクシーの新年度の実証運行について、5~6月に週2回と、9月上旬の平日(週5回)の日程で行うことを明らかにした。本年度2度行った実証運行では利用頻度が少なかったが潜在需要はあるとみており、町は今後も多くの利用を呼びかける考えだ。

 乗り合いタクシーは町コミュニティバス(愛称あいバス)の運行区域外の農村部に住む高齢者などの足を確保する目的の「デマンド交通」。あいバスがない農村部から通院や買い物で使える公共交通を求める声が出ていたことから、実証運行を行った。

 1度目の昨年9~10月(水・金曜)は10人が計34回利用。平均年齢は84歳で、目的地は十勝いけだ地域医療センターやスーパーが多かった。2度目の今年1月25日から3月22日(月・木曜)は10人が計31回利用。平均年齢は85歳で清見温泉への利用が目立った。事前登録者が17人と少なく、1度目の利用者が「病院の曜日が違う」として2度目は利用しないケースなどもあったという。

 5~6月は毎週火・土曜に、9月上旬は平日すべてを運行し、利用されやすい曜日や時間、主な目的地などを探る。事前登録、予約、問い合わせはワインタクシー(電)015・572・2155へ。