獨協医大/日光医療センター移転へ/日光産業団地が最有力

2017.07.06

獨協医大/日光医療センター移転へ/日光産業団地が最有力
2017.07.04 下野新聞


 獨協医大(壬生町北小林)が日光市高徳で運営する「獨協医大日光医療センター」(199床)を移転する方向で検討していることが3日、分かった。関係者によると、県土地開発公社と日光市が造成した同市土沢、森友両地区にまたがる日光産業団地が最有力候補という。現在分譲中の約10・6ヘクタール全てを購入する構想で、ヘリコプターの離着陸場や職員寮などの整備も検討している。移転後も現在地に一部の診療機能などを残す見通し。

 同センターは2006年4月、珪肺(けいはい)労災病院を獨協医大が引き継ぎオープンした。地域医療の基幹病院として診療体制を徐々に拡充。16年に災害拠点病院と災害派遣医療チーム指定病院に指定され、17年1月には外来新規患者数が6万人に達した。

 しかし同センター前には東武鬼怒川線が通っており、救急車両が電車の通過待ちをすることがある。施設の老朽化に加え、駐車場も慢性的に不足している。また、患者搬送用ヘリコプターの離着陸場は南約500メートルにある市営公園を活用しているのが現状だ。

 このため、救急医療体制の拡充や地域医療の向上などを目的に、移転候補地の選定に入ったとみられる。着工や開院の時期などについては、今後まとめる計画案で固める方針。

 日光産業団地は日光宇都宮道土沢インターチェンジの東約2・5キロ。分譲面積は11・2ヘクタールで、2015年に完成した。現時点では「とちぎコープ生活協同組合」(0・6ヘクタール)のみが立地している。

 分譲中の全区画を購入することで、病院施設に加え、ヘリの離着陸場や運動場、職員寮といった付随施設の整備にも対応できるという。

 一方、現在地は近隣に鬼怒川温泉などがあり、観光客にとっても必要不可欠な医療機関となっている。このため、一部の診療と病床を残すことも検討しているという