赤字額がさらに増大!経営破綻も間近か? 東千葉メディカルセンターをめぐる 医療講演会

2017.01.19

 



赤字額がさらに増大! 経営破綻も間近か? 

東千葉メディカルセンターをめぐる
医 療 講 演 会


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

東千葉メディカルセンターの経営はいよいよ危機的な状況になりつつあります。

① 医業収支(医業収益ー医業費用)の赤字額

 開院1年目約20億円 → 2年目約21億円 → 3年目約21億円 (推定)


② 一般管理費

 開院1年目約2億円 → 2年目約2億円 → 3年目約2億円 (推定)


③ 運営費負担金 (東金市と九十九里町が負担している費用)

 開院1年目約7億円 → 2年目約7億円 → 3年目約9億円


④ 病院債返済金 (総額106億円の病院債を発行したための返済元利合計)

 開院1年目約1億3000万円 → 2年目約6億2000万円 → 3年目約7億円



★ 負担総額(①+②+③+④)

 開院1年目約31億円 → 2年目約37億円 → 3年目約40億円 (推定)

ただし、県支出金や国庫補助金があるのでそれらを差し引くと

★ 実質負担総額

 開院1年目約22億円 → 2年目約25億円 → 3年目約27億円 (推定)


〔今後の問題〕

① 運営費負担金:今後も病院経営の赤字を補てんするため、毎年10億円前後、負担し続けなければならないだろう

② 病院債の返済:今後27年間、元利合計額約114億円を、毎年4~9億円づつ返済していかなければならない


こういう事態になぜ陥ってしまったのか?
市町の財政は、はたして持ちこたえられるのか?


このような深刻な疑問に答えるために、医療講演会を開催します。

東金市民・九十九里町民の皆様、ご多忙中とは思いますが是非ご参加下さい。


東千葉メディカルセンターを心配する会 代表 前嶋靖英

〒283-0802 東金市東金954
0475-55-7913 電話

0475-55-7926 ファックス
090-1500-2432 携帯