中国人富裕層に日本の人間ドックを受診するツアー発表、ANAビジネスクラスで来日

2017.01.16

◼️中国人富裕層に日本の人間ドックを受診するツアー発表、ANAビジネスクラスで来日、千葉・亀田総合病院と連携で

2017年1月12日
ANAセールスは2017年3月より、中国人向けに人間ドック受診ツアーを提供する。千葉・鴨川市の亀田総合病院で、VIP対応の医療スタッフが対応する1泊2日~2泊3日の総合健診を提供するもの。人間ドックのほか、オプションで大腸CTや頭部MRIなどの検査も可能。東京観光などのアレンジにも対応する。

移動は往復ANAのビジネスクラスを利用し、中国の自宅から空港までの送迎もおこなう。日本での宿泊は鴨川市内のホテルのほか、東京都内のマンダリンオリエンタル東京、シャングリ・ラホテル東京など上級ホテルを設定している。

今回のツアーの対象都市は、北京、上海、青島、大連、杭州、成都。旅行代金は、北京や上海発が5万800元(約86万3600円)から、青島や杭州発が4万8800元(約82万9600円)からなど。販売目標人数は初年度50名。中国各都市の旅行代理店10社で販売する。



◼️ANAセールス、中国6都市から人間ドックツアー、亀田総合病院と

2017年1月12日
 ANAセールスは1月12日、中国人向けに日本での人間ドック受診を目的としたパッケージツアーの販売を開始した。出発地は北京、上海、青島、大連、杭州、成都の6都市で、健診は千葉県にある亀田総合病院のサービスを利用する。

 パッケージでは、往復とも全日空(NH)のビジネスクラスを利用するほか、自宅/空港間や病院への専用車送迎も設定。宿泊施設も、病院近くの南房総 鴨川温泉鴨川館と鴨川グランドホテル、鴨川グランドタワー、または東京のマンダリンオリエンタルやシャングリ・ラ、ザ・リッツ・カールトン、ザ・ペニンシュラ、帝国、アンダースといったホテルを利用できるようにした。

 旅行代金は、最も安価な青島と杭州の出発で4万8800元(約82万9600円)から。大連発が最も高く5万2800元(89万7600円)から。頭部MRIや大腸や胃の内視鏡などオプションで受けられる健診メニューも用意。初年度は50名の取り扱いをめざす。