三菱UFJリース ヘルスケア事業の子会社を設立

2016.12.21

Mitsubishi UFJ Lease & Finance 2016 年12 月5 日
News Release
東京都千代田区丸の内一丁目5番1号
三 菱 U F J リ ー ス 株 式 会 社
取締役社長 白 石 正
(コード番号 8593 東証・名証第1部)
お問合せ先
広 報 I R 部 長 村 上 圭
TEL 03-6865-3002
三菱UFJリース ヘルスケア事業の子会社を設立
 
 
三菱UFJ リース株式会社はこのほど、当社の100%出資により、医療機関・介護事業者向け経
営改善サービスの提供を行う、MUL ヘルスケア株式会社(以下「MULH」)を設立しましたので、
以下のとおりお知らせいたします。
政府の医療改革の中核を成す『地域包括ケアシステムの構築』においては、病院間の連携を強
化し、地域単位で医療・介護のニーズに応えられる体制を構築することが期待されており、将来
的には医療と介護の連携や、機能一体化による経営強化の動きも加速していくものと見込まれ
ています。
また、この『地域包括ケアシステムの構築』推進のため、『地域医療連携推進法人制度の創設』
が、2017 年4 月施行予定の第7 次医療法改定に盛り込まれました。同法人は、地域医療機関、
介護事業者のとりまとめに加えて、医療機器の共同利用、参加法人への資金貸付、患者・要介
護者情報の一元化、庶務業務の統一化等を行うことが想定されています。そのため、これらの業
務をサポートするサービスの提供が求められることが今後予想されます。
こうした大きな変化が予想される医療・介護分野において、当社グループでは、これまで医療・
介護事業者向けのファイナンスに加え、グループ会社による中古医療機器売買や介護施設の
運営を手掛けるなど、金融機能に留まらない幅広いサービスを提供してまいりました。更に本年
10 月には、ヘルスケア分野に対して高度な知見を有するアセットマネジメント機能会社であるヘ
ルスケアマネジメントパートナーズ株式会社(以下「HMP」)をグループ化するとともに、わが国の
医療・介護事業者が直面する施設の老朽化や、病院経営者の高齢化といった構造的な問題に
対し、金融面から経営安定化をサポートし、不動産流動化や再生型債権投資等の多彩な金融
ソリューションを提供する国内最大規模の医療・介護特化型投資ファンドを株式会社日本政策
投資銀行と組成しました。
こうした主として金融面からの専門サービス提供機能に加え、今般設立したMULH では、各地
域に創設される地域医療連携推進法人と連携し、地域包括ケアシステムに参加する各地域の
医療機関や介護事業者に医療機器をはじめとする設備の導入・管理オペレーションの支援や
不足する経営管理人材や経営管理情報の利活用といった課題に対して有効なソリューションサ
ービスを企画提供してまいります。