治療的乗馬施設への転換は可能か?

2016.12.09

治療的乗馬施設への転換は可能か?

笠松競馬は上述の通り数々の名騎手や名馬を輩出し、全国地方競馬でも確かな存在感を持ってきた競馬場である。しかし1990年代後半から単年度赤字が続いていたことや売り上げ好転の見通しも暗いことなどから、2004年に将来的な廃止も含めた検討が行なわれるなど中長期的な見通しが不透明な状態になっている。




土地施設賃貸借問題

笠松競馬場は建設時に地主との交渉がうまくいかなかったことから競馬場の敷地の98%が全国では珍しく私有地になっており、コース内側には畑や水田に墓地まで存在する。

この為に多額の土地施設賃貸料が発生しており、赤字が続くようになった笠松競馬場の経営にとって大きな足枷となった。

黒字が見込めなければ廃止という条件が課された2005年度には地主らが笠松競馬存続に協力する形で賃貸料を固定資産税相当額に引き下げたが、笠松競馬が単年度黒字を計上した2006年度以降の賃貸料を巡って増額を求める地主らの一部と低く抑えたい競馬組合が対立[賃貸借契約が合意に達しないまま笠松競馬が開催を続けたため、敷地の約30%を占める一部の地主らが賃貸借契約終了の確認とこれまでの賃貸料支払い並びに原状回復を求めて競馬組合を提訴するに至った。


2008年5月の岐阜地裁一審判決では地主側が勝訴
競馬組合側は控訴した。

第2審の名古屋高裁では和解協議が持たれ、2010年度まで坪当たり賃料1200円とすることで合意した。

しかしながら2011年度以降は固定資産税評価額など客観的基準に基づき賃料を算出することになっており、笠松競馬場の存続見通しが不透明なのは変わりがない
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「癒しの乗馬 財界」

人を癒す不思議な馬の力<> 馬との触れあいで癒される人。言葉を話せるようになった子ども…。全ては現実に起きている事実である。<> 「乗馬療法」「治療的乗馬」等とも言われ、いま注目されるホースセラピーの全貌――。
人を癒す不思議な馬の力!馬との触れあいで癒される人、言葉を話せるようになった子ども…全ては現実に起きている事実である。「乗馬療法」「治療的乗馬」等とも言われいま注目されるホースセラピーの全貌―。

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%BB%E3%83%A9%E3%83%94%E3%83%BC-%E7%99%92%E3%82%84%E3%81%97%E3%81%AE%E4%B9%97%E9%A6%AC-%E3%80%8E%E8%B2%A1%E7%95%8C%E3%80%8F%E7%B7%A8%E9%9B%86%E9%83%A8/dp/4879321141


http://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/chousa/rippou_chousa/backnumber/2007pdf/20070420058.pdf