<ふるさと納税>酒田市、返礼はがん検診 日本海総合病院

2015.08.07

 

<ふるさと納税>酒田市、返礼はがん検診


日本海総合病院
 

がん予防に力を入れる山形県酒田市は「ふるさと納税制度」の返礼品に、全身のがん細胞の有無や状態を調べるPET-CT(陽電子放出断層撮影装置)による検査を追加した。
 
検査は、地域がん診療連携拠点病院として最新鋭の機器をそろえる同市の日本海総合病院で行う。
 
寄付額は20万円以上でPET-CT検査を、50万円以上で頭部磁気共鳴画像装置(MRI)を含む人間ドックとPET-CT検査の組み合わせを選べる。35万円以上で人間ドックだけのコースもある。
 

ふるさと納税制度の返礼品に、がん検診を活用するのは全国でも珍しい。市総務部は「納税者本人はもちろん、庄内地域で暮らす両親や知人らへの贈り物としての利用を想定している」と話している。

http://www.nihonkai-hos.jp/hospital/pdf/furusato_sakata_nihonkai.pdf