北茨城市民病院:家庭医療センター、来月から診療開始 /茨城

2015.05.22

 

北茨城市民病院:家庭医療センター、来月から診療開始 /茨城
2015.05.21 毎日新聞



 北茨城市が建設した市民病院付属家庭医療センター(宮沢麻子センター長)の開所式が19日、同市中郷町上桜井の同センターで行われた。来月1日から診療を開始する。

 同センターは、総合的な初期診療ができる地域の「かかりつけ医」としての役割に加え、筑波大と連携し患者を継続的に診察しながら必要に応じて専門医に橋渡しする総合診療医を養成する拠点に位置づけられている。

 常勤医2人、非常勤医2人、総合診療の専門医を目指す研修医2人が所属し、最低でも2人が常駐する。診療科目は内科▽小児科▽心療内科で、在宅診療も手がけていく。一日の外来患者は50人を見込み、筑波大医学生の地域医療実習の機能も担う。

 宮沢センター長は「公立病院と大学の共同による先進的な施設なので、重い責任を感じる。将来的には総合診療の指導医を全国に輩出できる拠点にしたい」と語った。【佐藤則夫】

http://kitaibaraki.info/images/panf2.pdf#zoom=70