私は、日本創新党として議員提出位議案第37号、「東京女子医科大学東医療センターが足立区へ移転することに反対する決議」に反対の立場で討論を行います。

2015.05.21

私は、日本創新党として議員提出位議案第37号、「東京女子医科大学東医療センターが足立区へ移転することに反対する決議」に反対の立場で討論を行います。

 まず、申し上げたいことは「移転の検討を直ちに中止せよ」という乱暴な決議案には賛成できないということです。東医療センターは荒川区のみならず、近隣の区はもちろん埼玉県南部からも多くの患者が通い、救急医療の受け皿となっている医療拠点であり、その広域的な位置づけで考えるべきと申し上げます。

 現在の狭い敷地、高圧電線の危険性を踏まえながら建て替えることと、現在検討されている足立区江北の都営住宅の建替え残地(現在の敷地の2.5倍)で建て替えることの内容を比較し、その具体的な案を見ながら意見を申し上げて行くのが行政や議会のとるべき姿勢と考えます。http://kosakaeiji.seesaa.net/article/416115631.html