利便性向上へ デマンドタクシー導入 大和町

2015.04.07

利便性向上へ デマンドタクシー導入 大和町
 

タクシーの第1便を拍手で見送る関係者 河北新報 4・4


 
◎自宅近くまでお出迎え

<町民バス大幅縮小登録制、平日10便運行>
 大和町は本年度、利用者が少ない町民バスの路線を大幅に縮小し、新たな交通手段としてデマンドタクシー(予約制乗り合いタクシー)を導入した。1日に運行が始まり、第1便が町役場を出発した。
 
タクシーは町中心部と周辺4地区を結び、平日の午前6時50分~午後5時に計10便走る。

利用したい便を予約すれば自宅近くから乗車でき、それぞれの目的地を経由して順に降車する。

登録制で予約は先着順。運賃は1回300円、小中学生100円。

 タクシーは利便性を向上させ、公共交通の利用者を増やすのが狙い。運行開始式で浅野元町長は「バスに乗りにくかった人も楽になる。運行内容をさらに充実させたい」と話した。
 
町民バスは1999年に運行が始まり、ピーク時には年間約2万7000人の乗客があった。その後、スクールバスの導入などに伴い利用が減少。

2013年度には約1万8000人に落ち込んだ。路線によっては1便当たりの乗客が1~3人と低迷していた。
 バスは全9路線中8路線を廃止する。宮床線は存続し、便数を4から11に増やす。路線もこれまでのもみじケ丘から、宮城大まで延長する。


2015年04月04日土曜日


/////////////////////////////////////////////////////////https://www.city.oshu.iwate.jp/download.rbz?cmd=50&cd=180&tg=6&inline=1