【速報】東北の医学部新設が一歩前進

2015.03.03

【速報】東北の医学部新設が一歩前進

東北薬科大、医学部新設に向け報告書提出へ


2015/3/3

加納亜子=日経メディカル 
 

医学部新設を目指す東北薬科大学は3月2日、医学部新設に向けて第6回の教育運営協議会を開催し、医学部新設構想の選定時に、文部科学省「東北地方における医学部設置に係る構想審査会」から課された「7つの条件」と、これまでの協議会での議論内容の対応状況を取りまとめた報告書を提示した。

結論は示さず、各委員から協議会内で示された意見をまとめた形の報告書としたことで、大筋で合意が得られた。

 協議会では、依然として修学資金制度の実効性を問う意見が出たほか、「修学資金制度に関する議論が不十分」「委員全員が納得しているとは到底思えない」などの意見も示された。

 東北薬科大は今後、委員から報告書案への意見を集めて修正し、3月中に構想審査会に提出する方針。

その後、構想審査会が選定時の「7つの条件」と協議内容の対応状況を確認し、新設の是非を判断し、認められれば、東北薬科大は文部科学省に設置認可申請を提出できる。

 東北薬科大理事長の高柳元明氏は「東北6県の自治体、大学、医師会から貴重な意見を寄せていただいた。

これまで6回にわたり、12時間以上もの協議を続けてきたことになる。協議会で意見が出たように、修正すべき点は多いと認識している。より良い医学部構想にしていくよう、今後も引き続き議論は続けていきたい」と話している。


http://www.okinawa.med.or.jp/html/other/rinshoukenshu/pdf/h260904-rinshoukenshu.pdf