医療の非営利原則の堅持とガイドラインの厳格化を要望

2014.10.24

 

医療の非営利原則の堅持とガイドラインの厳格化を要望
─国土交通省・病院等を対象とするヘルスケアリートの活用に係るガイドライン検討委員会─日医ニュース目次 第1275号(平成26年10月20日 )

(報告・鈴木常任理事)

 国土交通省・第一回病院等を対象とするヘルスケアリートの活用に係るガイドライン検討委員会が九月二十六日,都内で開催され,海外出張中の松原副会長の代わりに出席した.
  
当日は,事務局より,(1)病院等を対象とするヘルスケアリートの活用に係るガイドライン検討の経緯(2)本委員会の設置の背景(3)ヘルスケアリートの課題とガイドラインの策定趣旨・検討事項(4)対象とする施設とリートに求められる体制について(5)病院運営者とリートとの信頼関係の構築(6)病院・医療関係者にリートについて周知する方策─等に関して説明があった後,意見交換が行われた.

その中では,「日医では医療の非営利原則を堅持することを使命としており,ヘルスケアリート自体を好ましいものではないと考えている」と述べた上で,ガイドライン策定に当たっては,極めて厳格なものにすべきと主張した.
  更に,わが国の病院はリートにとって魅力的な投資先ではないのではないかと指摘した.

ヘルスケアリートとは
 投資法人の仕組みを使って市場から資金を集め,医療機関等の不動産を取得・長期管理しながら,賃貸収益を投資家に分配すること.
  日医では,株式会社による医療機関の支配にもつながりかねず,この仕組みに否定的な考えを持っており,実施するに当たっても,ガイドラインは厳格なものにすべきと主張している.
 





日本医師会ホームページ http://www.med.or.jp/
 Copyright (C) Japan Medical Association. All rights reserved