特養ホームの相部屋、利用者全額1.5万円負担に 厚労省検討

2014.10.25

特養ホームの相部屋、利用者全額1.5万円負担に 厚労省検討
2014/10/25 2:00  日本経済新聞 
  

 厚生労働省は特別養護老人ホーム(特養)で複数人が入る相部屋の費用を利用者の全額負担とする検討に入った。

 現行は1割負担の介護保険で賄うが、保険から外し給付を抑える。

 来年4月の実施を目指す。金額は月1万5千円とする案が軸だ。

 特養ホームに入る52万人の6割が相部屋だが、その大半を占める低所得者には費用相当を補助し影響を抑える。



//////////////////////////////////////////////////

厚労省、特養の相部屋整備も支援 施設不足受け、個室化推進を修正

2014年10月17日

  厚生労働省は18日、特別養護老人ホーム(特養)に関し、プライバシー確保などを条件に相部屋の整備を支援する検討に入った。

 現在は改修する場合、個室しか補助対象にならないが、施設数が不足している上、低所得の高齢者を中心に負担が少ない相部屋を希望する利用者が多い。

 地方自治体の間にも相部屋を認めるべきだとの声があるため、個室化推進の原則は維持しつつ、相部屋も容認する格好だ。

  厚労省は2000年代初めから、ケアのしやすさや居住環境を重視して全室個室化を目指す方針を掲げてきており、相部屋への支援は方針の修正を意味する。

/////////////////////////////////////////////////////////////


特養の相部屋整備支援 厚労省検討、施設不足受け
【MSN産経ニュース】 2014/8/19

厚生労働省は18日、特別養護老人ホーム(特養)に関し、プライバシー確保などを条件に相部屋の整備を支援する
検討に入った。現在は改修する場合、個室しか補助対象にならないが、施設数が不足している上、低所得の
高齢者を中心に負担が少ない相部屋を希望する利用者が多い。

 地方自治体の間にも相部屋を認めるべきだとの
声があるため、個室化推進の原則は維持しつつ、相部屋も容認する格好だ。

 特養の居住費は光熱水費と部屋代に分かれ、原則として全額自己負担。相部屋は例外的に部屋代が介護保険の
対象(1割負担)となるため、負担額が安くなる。

 特養では以前は相部屋が中心だったが、厚労省は平成14年度からケアのしやすさや居住環境を重視して、
 全室個室で共有スペースもある「ユニット型個室」を推進。移行を促すため、相部屋や、共用スペースのない
従来型の個室からの改修費用を助成している。18年には、26年度中にユニット型の定員数の割合を全体の
70%以上とする目標を打ち出したが、24年10月時点で32.3%にとどまっている。

 特養の相部屋には、カーテンだけで仕切られたタイプから、天井まで間仕切りをして扉や窓も設置した個室に
準じるタイプもある。厚労省は、プライバシー確保の在り方について社会保障審議会分科会で議論を進め、
27年度から相部屋の整備にも施設の改修費を助成する方向で検討している。

ソース: http://sankei.jp.msn.com/life/news/140819/trd14081909000007-n1.htm

関連ソース:
厚労省、特養の相部屋整備も支援 施設不足受け、個室化推進を修正 | 共同通信
http://www.47news.jp/CN/201408/CN2014081801001586.html