東京工業大学原子炉工学研究所(有冨正憲所長)と助川電気工業(百目鬼孝一社長)は共同で、陽子加速器によるホウ素中性子捕捉療法(BNCT)に利用可能な液体リチウム型中性子発生ターゲットの開発に成功した。

2014.09.01


関西イノベーション国際戦略特区http://kansai-tokku.jp/%e5%85%88%e7%ab%af%e5%8c%bb%e7%99%82%e6%8a%80%e8%a1%93%ef%bc%88%e5%86%8d%e7%94%9f%e5%8c%bb%e7%99%82%e3%83%bb%e7%b4%b0%e8%83%9e%e6%b2%bb%e7%99%82%e7%ad%89%ef%bc%89%e3%81%ae%e6%97%a9%e6%9c%9f%e5%ae%9f-4/





東京工業大学原子炉工学研究所(有冨正憲所長)と助川電気工業(百目鬼孝一社長)は共同で、陽子加速器によるホウ素中性子捕捉療法(BNCT)に利用可能な液体リチウム型中性子発生ターゲットの開発に成功した。


BNCTは副作用の少ない悪性腫瘍(がん)治療法として期待されているが、中性子発生に原子炉が必要なため利用は限定されていた。

今回の開発により、都市部の病院への設置も可能になり、BNCTの広範な適用が期待される。また、液体リチウム型ターゲットには、固体型ターゲットの場合に問題とされる、照射損傷による時間的劣化が無いため、長寿命と安定した冷却性能が得られる利点がある。




http://www.titech.ac.jp/news/2012/025567.html





///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 「病院設置型 小型加速器-BNCT”」


株式会社リライズメディカルシステムズ


当社は、安心してがんと闘うため、BNCT(ホウ素中性子捕捉療法)の普及を目指すベンチャー企業です。

 この度、社会福祉法人仁生社 江戸川病院様と、弊社が推奨する”病院設置型 小型加速器-BNCT”の導入に関する包括的契約を締結させて頂き、2015年度中の臨床試験開始に向けて、全社一丸となって対応させていただいています。
 http://rerise-medicalsystems.co.jp/



//////////////////////////////////////////////////////////////
㈱リライズメディカルシステムズ社、病院設置型BNCTシステム選定の理由

BNCTは、がん細胞のみに強い放射線(重粒子)を照射し、正常組織にはほとんど影響を与えないという、これまで不可能であったことを可能にした新技術です。

放射線を照射する前に、がん細胞に対する標的分子の集まり具合を確認するのも、これまでになかった手法です。すなわち、特定の分子や細胞を画像化する分子イメージングと、高い制癌効果をもつ粒子線治療の融合治療がBNCTと言えます。脳腫瘍、悪性黒色腫、頭頸部腫瘍等では、すでにその有効性が示されており、今後は適応の拡大と一般化が課題と考えています。

また、治療施設を病院内に設置することを考えると、中性子発生装置の安全性と小型化は、不可避の課題です。今回我々は、その両者を兼ね備えた中性子発生装置を導入し、高まるがん治療のニーズに全力で応えていきます。



http://www.rerise-medicalsystems.co.jp/works/edogawa.html