医学部新設 東北/宮城県検討委あす初会合/医療関係者ら10人で構成

2014.08.25

医学部新設 東北/宮城県検討委あす初会合/医療関係者ら10人で構成/東北への大学医学部新設に名乗りを挙げている宮城県は21日、県内外の有識者らでつくる「宮城大医学部教育課程・教員等採用検討委員会」の初
2014.08.22 河北新報


医学部新設 東北/宮城県検討委あす初会合/医療関係者ら10人で構成

 東北への大学医学部新設に名乗りを挙げている宮城県は21日、県内外の有識者らでつくる「宮城大医学部教育課程・教員等採用検討委員会」の初会合を、23日に県庁で開催すると発表した。

 委員は10人。がん研有明病院(東京都江東区)院長で、宮城大医学部長候補の門田守人氏ら大阪大関係者に加え、東北大や医療機関の関係者らで構成する。委員長には村井嘉浩知事が就く見通し。

 検討委は、文部科学省から宮城大医学部構想が採択された場合のカリキュラム編成や教員・医師の確保に関する方策などを議論し、具体化させるのが狙い。

 初会合では県が構想を説明し、非公開で教員・医師の確保策などをめぐり意見を交わす。

 門田氏と村井知事のほか、委員は次の通り。

 石井正東北大病院総合地域医療教育支援部教授▽石橋忠司東北大大学院医学系研究科副研究科長▽岸本忠三大阪大免疫学フロンティア研究センター特任教授▽北村惣一郎地方独立行政法人堺市立病院機構理事長▽菅村和夫地方独立行政法人宮城県立病院機構理事長▽西垣克宮城大学長▽西田幸二大阪大大学院医学系研究科主任教授▽久道茂宮城県対がん協会長