「ぐるぐる病院」実態調査を 厚労省に総務省が勧告

2014.08.02

「ぐるぐる病院」実態調査を 厚労省に総務省が勧告
朝日新聞デジタル 8月1日
 

総務省は1日、生活保護の実態調査の結果を公表した。「ぐるぐる病院」といわれる、生活保護を受けている人が短期間で頻繁に入退院を繰り返すケースが見つかったとして、厚生労働省に実態把握とチェック体制の整備を勧告した。

 総務省は生活保護の申請窓口となる全国の福祉事務所のうち、約1割の102カ所を調査。

3年2カ月の間に34回も転院し、2012年度だけで724万円の医療扶助費がかかった例があった。

東京都台東区の事務所は調査に「『ぐるぐる病院』と呼んでおり、130人ぐらい把握している」と回答。

総務省は厚労省に全国的な実態調査を求めた。

 生活保護受給者は医療費の全額が保護費から出るため、入退院しても金銭負担は生じない。一方、病院は入院が長期化すると診療報酬が下がる仕組みで、利潤のために病院側が転院を繰り返させた可能性がある。

 厚労省では「早急に調査して件数を把握し、転院の理由を医療機関に確認する対応ルールを徹底したい」としている。