大学学長の権限強化=改正学校教育法が成立-文科省

2014.06.30

大学学長の権限強化=改正学校教育法が成立-文科省

 大学学長の権限強化を柱とした改正学校教育法と改正国立大学法人法が6月20日、参院本会議で可決、成立した。来年4月に施行される。
 
改正法は学長主導の大学改革を促すのが狙い。

中央教育審議会の部会で、教授会が大学経営や予算まで審議し迅速な改革を妨げているなどの指摘が出たことを受け、教授会の役割を学長に意見を述べる諮問機関と明確化。

教授会が受け持つ事項も学長が定めるとした。

 また、国立大の学長選考の基準や副学長の役割も規定。

経営協議会の委員は過半数の外部登用を義務付け、幅広い意見を取り入れやすくした。(2014/06/20-時事)



http://www.mext.go.jp/b_menu/houan/an/detail/__icsFiles/afieldfile/2014/04/25/1347347_01_1.pdf