「少子化対策、地方の雇用創出が大事」菅官房長官

2014.06.05

「少子化対策、地方の雇用創出が大事」菅官房長官

2014年5月9日

 
 (全国自治体の約半数が2040年までに「消滅可能性都市」になるという民間研究機関の指摘を受け)少子高齢化の社会を放置しておけば極めて深刻な状況になるという、社会や政権に対しての警鐘だと受け止めている。

どうしても東京中心の都会に人口が集中し、集中したところでは少子化率が極めて高くなる。

東京では出生率が1を大幅に切っている。

全体のことを考えると、やはり地方で雇用の場をつくっていくことがものすごく大事だと思う。少子高齢化社会を乗り越えるために政府として改革することが必要だと再認識した。(記者会見で)

//////////////////////////////////////////////////

消滅可能性都市:豊島区が緊急対策本部 都内市区で唯一

毎日新聞 2014年05月30日 


 東京都内の市区で唯一、「消滅可能性都市」と判断された豊島区の高野之夫区長は29日、緊急対策本部を設置したことを明らかにした。

高野区長は「消滅に至る兆候はない」と述べる一方、空き家を活用して転入増を図り、暮らしやすい地域づくりを考える女性会議を7月に設置して対策の具体化を急ぐという。

 消滅可能性都市は、産業界や学界の有識者らで組織する日本創成会議が8日発表した。

子どもを産む人の大多数を占める「20〜39歳の女性人口」が、2010年からの30年間で5割以上減ると推計された全国896自治体で、同区も50.8%減と推計された。

 一方、区によると、区の人口は転入増などで1997年を底に増加に転じ、今月1日現在で同年比約2万7000人増えた。

子どもの数も増加傾向にあり、20〜39歳の女性人口も減少に転じる明確な予兆はないという。

しかし、消滅可能性都市とされたことに多くの区民から不安の声が寄せられたため、対策本部を設置した。

 有効な対策として、区内に多い空き家を活用できる道を開く条例を7月に施行し、子育て層の転入増を図る。

また、全国の姉妹・友好都市47自治体のうち、消滅可能性都市とされた25自治体などと相互交流を深め、人口対策で連携を強化する。

さらに、区内在住や在勤・在学の20歳以上の女性による「としまF1会議」を設け、地域社会づくりに若い女性の意見やニーズを反映させる。

 高野区長は「発表を真摯(しんし)に受け止め、魅力ある街づくりの好機ととらえたい。女性が仕事を続け、結婚して子育てができる街として、豊島区を選んでもらえるよう全庁を挙げて取り組む」と強調した。【近藤浩之】


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

小畠 僚子(東日本税理士法人) 2014/6/4(水) 17:43 
宛先
(2人) :   長 隆,  長 公子 
 

お疲れ様です。
 林さんが著者の書籍が今度発売されます。
よろしくお願いいたします。




 
子育て世代がすみたいと思うまちに.pdf  (application/pdf)  詳細   405 KB