(宮城)東北以外から学長や医学部長起用へ 知事方針

2014.06.03

(宮城)東北以外から学長や医学部長起用へ 知事方針
中林加南子2014年6月3日朝日新聞
 
県立の大学医学部構想について、村井嘉浩知事は2日の定例会見で、学長や医学部長を東北以外の医療関係者から起用する方針を示した。

教員を務める医師を全国から集められることが条件で、月内にも人選を固める。

 医学部の新設には県、東北薬科大(仙台市)、総合病院を経営する財団法人(福島県郡山市)の計3団体が応募している。
文部科学省は近く有識者会議を立ち上げ、1~2カ月以内に1団体を選ぶ予定だ。

 医学部では百数十人の専任教員が必要となる。特定の地域だけで確保しようとすると、医師が減って医療に支障が出かねない。
このため、文科省は広い地域から計画的に医師を集めるよう求めており、選考では具体的な確保策が重視される見通しだ。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////
文科省 応募要領  ⇒

基本計画

①設置者、設置場所、設立準備組織の体制等

○ 設置者、設置場所、設立準備組織の体制等について記入してください。
※設立準備組織の体制等の中に、学長就任予定者、学部長就任予定者ないしはカリキュラム編成の責任者等の具体的な候補者がいれば記載してください・・・・・・・・