[経済フォーカス・開拓者たち]最先端の医療人育てる 東郷重興さん(下)

2014.05.12

[経済フォーカス・開拓者たち]最先端の医療人育てる 東郷重興さん(下)
2014.05.10 



 ◎経済FOCUS

 ◇北海道医療大学理事長(元日本債券信用銀行頭取)

 北海道医療大学理事長の東郷重興さん(70)は、1990年代後半に日本債券信用銀行頭取として再建に取り組んだが、一時国有化されて、自身も証券取引法違反で逮捕される。

つらく長い訴訟を戦い抜き、無罪を勝ち取った東郷さんは、北海道の地で医療人材の育成という新たな舞台に立っている。(聞き手・経済部 金島弘典)

 ◆闘争12年 無罪勝ち取る

 <裁判で、検察側は東郷氏ら日債銀の経営陣がわざと不良債権を少なく見せかけ、決算を良く見せようとしたと主張した>

 99年7月23日に逮捕され、東京・小菅の東京拘置所に収容されました。

55歳でした。麦飯や野菜の煮物などの食事は正直に言ってまずかったが、夜中まで続く取り調べに耐えるために無理してでも食べ、腕立て伏せをして体力維持にも努めました。

取り調べでは無罪を主張しましたが、結果的に起訴され、保釈金を支払い、釈放されました。

 この訴訟では、私自身、大学でまじめに刑事訴訟法を含めて法律を学んでいたことが非常に役立ちました。
弁護人との打ち合わせ、証人の人選など、事件の全容を知る自分が努力しなければならないと思いました。

 特に重要な証言をしてくれたのは、元大蔵省銀行局長の山口公生氏(第一生命経済研究所特別顧問)と、金融機関の不良債権処理について詳しく、北洋銀行に在籍していた高橋俊樹氏でした。

 山口氏は、98年当時、日債銀が資産をすべて売り払っても預金や債務を返すことができない債務超過の状態にあるという認識はなかったという趣旨の証言をしてくれました。

 高橋氏は日債銀の不良債権の処理方法は当時の会計制度に照らして妥当だと語ってくれました。

 裁判は2004年の東京地裁、07年の東京高裁ともに執行猶予付きの有罪判決。
09年の最高裁では、いったん高裁に差し戻しとなりましたが、山口氏らの証言に助けられ、11年8月にようやく無罪になりました。

 ◆大阪造船所を再建

 <東郷氏は12年の法廷闘争中、大阪造船所(現ダイゾー)社長や、日本ラッドというシステム開発会社の社長を務めた。裁判を続けるにはお金が必要だった>

 裁判を続けるには保釈金、弁護士などの費用が必要で、最初の数年は毎年1000万円単位でお金が出ていきました。

そんな時、日本銀行時代の部下の紹介で、2000年に大阪造船所という会社の社長になりました。
円高不況の下、経営不振の会社だったので社長業は大変でしたが、「脱・造船」を旗印に新規事業の開拓に努め、任期中の9年間は増収増益を続け、再建を果たしました。

 最高裁の判決を控えた09年に勝訴できると確信したため、大阪造船所社長を辞めることにしました。

結果は高裁差し戻しだったので、無罪が決まるまで収入の道が絶たれ、困ったなと思っていたら、高校時代の同級生が「日本ラッドの社長に」と声をかけてくれました。

 無罪判決は、こうした方々の支えがあったからです。さらに、判決後には、主任弁護人の方から「北海道の大学の理事長をやらないか」と声がかかりました。

 ◆5学部連携の強み

 <医療系大学に関わることを決めたのは、日本の医療を支える優秀な人材の育成に取り組んでみたいと思ったからだ>

 大学経営はもとより、初めて医療という分野に入ると、いかに困難な問題に直面しているかを認識させられました。
地域医療の問題、看護師、介護士の不足、救急医療の不備など問題は山積しています。
最先端医療の進歩に伴い、今後の医療人をどう育てていくかも問われています。

 3月14日の卒業式では、「医療分野の環境変化の中で、時代のニーズに応えられる医療人になっていただきたい。
パソコン画面の数値だけで判断するのではなく、患者にあった治療を心がけてもらいたい」と祝辞を贈りました。
北海道医療大学は薬学部、歯学部、看護福祉学部、心理科学部、そして昨年開設したリハビリテーション科学部の5学部が連携して教育できるのが強みです。

 青雲の志を持った学生が集まる全国ブランドの大学にしたいと思っています。

 (次回は、「ご当地グルメでまちおこし団体連絡協議会」代表理事の渡辺英彦さんが登場します。5月24日掲載予定です)


 ◇とうごう・しげおき 1966年に東大法学部卒、日本銀行入行。国際局長を経て96年に日本債券信用銀行へ。翌97年に頭取就任。98年に辞任。大阪造船所(現ダイゾー)社長などを経て、現在は北海道医療大学理事長。東京都出身。70歳。


 〈北海道医療大学〉

 北海道当別町に本部のある私立大学。1974年に東日本学園大学として設立。94年に現在の校名に改称した。看護福祉学部など5学部を擁する。学生数は大学院とあわせて計3185人(13年5月1日現在)。


 〈債務超過〉

 赤字決算が続いたり、巨額の損失が出たりして企業が抱える借金などの負債が増え、保有する現金や不動産など資産をすべて売却しても完済できない状態。東京証券取引所の規定で1年以内に債務超過を解消できなければ株式の上場が廃止となる。銀行は債務超過になると業務停止命令が出る。