(福島)「福島に医学部を」 玄侑宗久氏らシンポ

2014.05.10

(福島)「福島に医学部を」 玄侑宗久氏らシンポ
2014年5月10日 朝日新聞
 

国が1校限定で目指す東北地方の大学医学部新設をめぐり、県から唯一名乗りを上げている一般財団法人「脳神経疾患研究所」(郡山市)などが9日、市内のホテルで医学部の必要性を訴えるシンポジウムを開いた。

参加者約1千人を前に、作家の玄侑宗久氏らが熱弁をふるった。

 法人は総合南東北病院などを経営。

2016年の開学に向けて今月、新設を申請する予定で、被曝(ひばく)医療に関わる医師を育成する方針だ。

玄侑氏は「身内の死に直面し、医療に従事したいと考える子どもたちの意欲は県内で受け止めるべきだ」と主張。

原発事故で蓄積された医学の知識を生かせるはずだと話した。

 また、医療機器センターの菊地真理事長は、県が同市内に開設する医療機器開発のための施設をあげ、「郡山は最先端の医療技術都市になる。

卒業しても医者として県内にとどまる可能性は高く、医師不足解消にも効果的」と述べた。

 医学部新設をめぐっては、仙台市にある東北福祉大と東北薬科大も名乗りを上げている。

/////////////////////////////////////////////////////////////

内閣官房参与 吉村泰典氏のFacebookアドレスを添付いたします。
4月22日、南東北病院を視察したコメントが掲載されています。


https://ja-jp.facebook.com/YoshimuraYasunoriLab