国家戦略特区における医学部新設の提案

2014.05.07

国家戦略特区における
医学部新設について

2014年4月9日
公益社団法人日本医師会



国家戦略特区における医学部新設の提案

成田市・国際医療福祉大学「国際医療学園都市構想」
• 国内における医師不足の解消、海外で活躍できる医療スタッフの育成等を目指して医学部新設一部海外からも学生を受け入れ、指導者となる人材として、母国に帰す。

日本の医療輸出に協力する人材を育成。

大学院も設置。

• 「国際医療福祉大学・成田キャンパス(仮称)」の設置
医学部医学科(入学定員140人)、看護学部看護学科、保健医療学
部(医学検査学科、理学療法学科、作業療法学科、言語聴覚学科)

 医学部において国際医療の担い手と地域医療の担い手を教育

医学部の入学定員140人の内20人は、海外からの留学生を含め、
国際舞台で医療の担い手となる人材として教育、国内の医師不足の解消を図るため、120人は地域医療の担い手として教育。




http://dl.med.or.jp/dl-med/teireikaiken/20140409_1.pdf