社会福祉法人に社会貢献活動を義務付け 規制改革会議が提言

2014.05.04

社会福祉法人に社会貢献活動を義務付け 規制改革会議が提言
2014/4/16 日本経済新聞


 政府の規制改革会議(議長・岡素之住友商事相談役)は16日の会合で、介護や保育事業を担う社会福祉法人と民間企業の競争条件を整える提言をまとめた。

財務諸表をホームページで開示し、透明性を高めるよう要望。
財政面で優遇を受けている社会福祉法人に低所得者への無料・低額の福祉サービスなど社会貢献活動を法令で義務付ける。
当初要求していた特別養護老人ホームの民間参入は見送った。

 提言では厚生労働省に2015年までに社会貢献活動の義務付けを実現するよう要請。

従わない場合、業務停止や役員の解職勧告などの罰則を科すべきだとした。14年中に社会貢献活動の定義を定めることも求めた。

 社会福祉法人は全国で2万弱あり、特養などを運営。特養では寝たきりといった要介護高齢者に約8千カ所で介護サービスを提供している。

ただ、特養を運営できるのは社会福祉法人と地方自治体に限られている。
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



複数の医療法人及び社会福祉法人等を束ねて一体的に経営することを法制上可能とする非営利ホールディ
ングカンパニー型法人(仮称)を創設

→ 複数の法人が一体となることで、病床機能分化や医療・介護等の連携が容易になり、急性期医療から在宅介護・生活支援サービスに至る高齢者が必要とする一連のサービスを切れ目なく、体系的に行うことなどが可能


[非営利ホールディングカンパニー型法人制度
について]

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10801000-Iseikyoku-Soumuka/0000042901.pdf