2004年の医師臨床研修の必修化から10年が経過した。・・・

2014.04.09

2004年の医師臨床研修の必修化から10年が経過した。以前は多くの研修医が大学病院で研修を受け、アルバイトで生計を立てていたが、研修先を自ら選び、給与も保障されるようになった。

基本的な診療能力を身に付けた医師の養成につながったとの好評価の一方で、医師の地域偏在や診療科偏在を助長したとの批判もある。

必修化により国民のニーズに沿う医師が育つようになったのか。制度は医療にどんな影響を与えたのか。これまでの歩みを振り返り、今後を展望する。(加納亜子、小板橋律子)・・・・・・・・


http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t218/201404/535881.html?ref=RL2