第三者評価機関による「働きやすい病院」の機能評価の認証 島根大学医学 部附属病院 取組事例

2014.03.17

第三者評価機関による「働きやすい病院」の機能評価の認証 島根大学医学 部附属病院
 取組事例

実施の目的 (経緯)
本院では、医療従事者に占める女性の比率は増加傾向にあり、それに伴い育児や介護の問題から離職する女性医師も増加する傾向にある。

また、7:1看護体制をめざしている本院にとって、予定数の5割程度しかない看護師確保数を如何に増やすかということが喫緊の課題であった。

「職員の職場環境への満足度が上がって初めて患者サービスと医療レベルも上がる。離職率を低下させることは医師、看護師不足の問題解消にもつながる。」

との病院長の考えから、「働きやすい病院評価」の認証を取得することにより、医師、看護師、復職を希望している医師、看護師等医療従事者への認知度の高まりを期待し、そのことによって優秀な人材の確保を行うことを、また、患者さんの信頼感・安心感の醸成、ひいては患者さんに選ばれる病院となることを目的に受審した。

http://www.zam.go.jp/pdf/00000156.pdf