田川市立病院// 著しい医師の引き上げなどの影響により一時的にご迷惑をおかけした時期がありましたが、現在はほぼ順調に診療が行われるようになりました。

2014.03.17

田川市立病院

著しい医師の引き上げなどの影響により一時的にご迷惑をおかけした時期がありましたが、現在はほぼ順調に診療が行われるようになりました。
医師の引揚げは、平成16年度から21年度の6年間に15名、さらに平成22年度から25年度の4年間に25名にも及びました。
ただ幸いなことに、平成22年度からの4年間で、九州大学、福岡大学、産業医大などから新たに31名の常勤医と43名の外来応援医師を招聘することができました。これにより、安定した診療を復旧させることが出来るようになりました
////////////////////////////////////////////////////////
、周産期・小児医療は、新たに九州大学から医師招聘が実現し、産婦人科が5名体制、小児科が3名体制となり、田川医療圏はかなり恵まれた状況になりました。

また、田川地域内の夜間小児科医療は当院以外では行われていないことから、九州大学に応援を要請し、25年4月から週日夜間の診療時間を1時間から4時間に拡充しました。

救急医療や脳血管疾患医療の整備については、医師招聘の努力を平成22年度以来続けており、いずれ実現すると考えています。


http://hospital.city.tagawa.fukuoka.jp/one_html3/pub/Default.aspx?c_id=3


http://hospital.city.tagawa.fukuoka.jp/one_html3/pub/default.aspx?c_id=7