内閣府平成25年版 子ども・若者白書(全体版) > 第1節 困難な状況ごとの取組

2014.03.18

内閣府平成25年版 子ども・若者白書(全体版)  >  第1節 困難な状況ごとの取組
 
 
 困難を有する子ども・若者やその家族の支援

第1節 困難な状況ごとの取組

1 ニート,ひきこもり,不登校の子ども・若者への支援等

(1)社会生活を円滑に営む上での困難を有する子ども・若者を地域において支援するための取組(内閣府,文部科学省,厚生労働省,各省庁)

「子ども・若者育成支援推進法」に基づき,ニートやひきこもり,不登校といった社会生活を円滑に営む上での困難を有する子ども・若者に対し,

教育,福祉,保健,医療,矯正,更生保護,雇用などの様々な分野の関係機関がネットワークを形成し,それぞれの専門性を生かして発達段階に応じた支援を行っていくことや,社会生活を円滑に営むことができるようにするために,関係機関の施設はもとより,子どもや若者の住居その他の適切な場所において,必要な相談や助言,指導を行うことが必要とされている。


http://www8.cao.go.jp/youth/whitepaper/h25honpen/b2_03_01.html



//////////////////////////////////////////////////////////////////




少年を厳しくも温かい目で見守る社会気運を醸成するなどの取組が重要である。福井県警察の取組を紹介する。

「ホースセラピー」

 豊富なメニューによる立ち直り支援活動の推進
少年警察ボランティアが中心となり,四季を通じて果物や野菜を栽培収穫することが可能な農業作業体験場を運営するほか,大学生パートナーによるホースセラピー活
動,登山やカヌー教室,菓子作り,学習支援など,少年のニーズに応じた立ち直り支援活動を推進している。


http://www8.cao.go.jp/youth/whitepaper/h25honpen/pdf/b2_03_01_03.pdf