リポート◎徳洲会 再生の条件《Vol.1》事件はなぜ起きた

2014.03.13

リポート◎徳洲会 再生の条件《Vol.1》事件はなぜ起きた

二代目への承継進まず内部に亀裂


2014/3/12日経ヘルスケアー

///////////////////////////////////////////////



へき地・離島医療の救世主
 徳洲会グループ──。「生命だけは平等だ」という理念を旗印に、前理事長の徳田虎雄氏が一代で築き上げた病院チェーンだ。
1970年代の創業当時、「24時間・365日オープン」や「断らない救急」などセンセーショナルな運営方針を打ち出し、ハイペースで規模を拡大してきた。

 同グループは現在、医療法人徳洲会や特定医療法人沖縄徳洲会など、複数の医療法人や社会福祉法人、メディカルサービス(MS)法人などで構成され、病院は国内で66施設、介護施設などを含めれば事業所数は約400に上る。
徳洲会の広報紙によれば、グループの医業収益は3400億円で、経常利益は480億円(ともに2011年)。職員数は約2万7000人(2012年)を数える。

 徳洲会が医療界に与えた影響は大きい。その一つが、へき地・離島における医療だ。徳洲会には、医師の初期研修中に2カ月間、後期研修中に3カ月間、医師不足の病院に応援に行かせる「へき地・離島研修」という独自プログラムがある。

都市部の病院で研修医を集め、へき地・離島に期限付きで送ることで医療体制を維持するシステムだ。


http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/201403/535387.html