(声)地域医療中心への転換に賛成

2014.02.28

(声)地域医療中心への転換に賛成
2014年2月28日 朝日新聞
 アルバイト 丸山鋼平(神奈川県 65)

 診療報酬の改定では超高齢社会に備えて「地域の患者は地域で診て地域で完結させる」ことを目指す方向だという。大賛成である。

 私の近所にはいくつかの個人医院があるが、つい大きな病院にかかってしまう。
医療設備の不足や医師の信用の問題などで、病院は毎日患者でいっぱいだ。
今回の改定では、地域の患者は医院中心に診てもらい、対応できない医療の場合にだけ大きな病院へ行くような態勢への転換を目指している。

 最近、私の住む市では「健康講座」という言葉をよく耳にする。高齢者に少しでも早く病気に気づいてもらうためだという。
講師は医院や病院の医師、看護師、薬剤師などが受け持ち、市民に役立つ医療情報を伝えている。

 医院と病院が協力して地域医療に当たる姿はうれしい。大きな病院と連携しているとわかれば、患者は安心して近くの医院にかかることができるだろう。


/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
「ちょうかいネット」・・日本海総合病院(医師会)などが運営 全国の公立病院がモデルにしてほしいです。
地域住民の 絶大な信頼を得ています・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

複数の医療機関の間で、個人情報を保護した上で、ID-Linkという仕組みにより、インターネット回線を用いて医療情報を共有するシステムです。
 ちょうかいネットでは、お薬の処方、血液検査の結果、レントゲンやCT等の画像情報とレポートなどが異なる医療機関で共有されます。

http://www.nihonkai-hos.jp/choukai-net/