取手の病院に医師派遣 筑波大、市医師会と協定

2014.02.07

取手の病院に医師派遣 筑波大、市医師会と協定
2014.02.06 茨城新聞



筑波大(つくば市、永田恭介学長)と取手市医師会(真壁文敏会長)は5日、同医師会が運営する取手北相馬保健医療センター医師会病院(取手市)に同大から3人の教員(医師)を派遣し、寄付講座を設置することで合意した。全国平均の7割にとどまる取手・竜ケ崎医療圏の医師不足に対応するためで、地域医療を学ぶ若手医師の育成にも務める。

寄付講座は医師会病院内に筑波大付属病院のサテライト拠点を設けて設置される。期間は4月1日から2019年3月末までの5年間。

教員(医師)は筑波大が現在、全国から公募しており、4月から教授、准教授、講師の3人が常勤で働く予定。人件費などの費用は年間4500万円で同医師会が寄付。

3人は現地で患者の診療に当たるとともに、医学生や研修医を受け入れて指導し、さまざまな症例を学んでもらうことで地域医療を志す人材を育てる。

寄付講座設置の協定書締結式は5日、筑波大で行われ、永田学長は「医師会病院を県南地域の教育研究拠点と位置付け、この地域の医療の充実と強化を図りたい」、真壁会長は「人材が限られている中で、画期的な取り組み。地元の人にとっても無上の喜び」と語った。

筑波大付属病院は2009年以降、県内各地の中核病院と連携し、今回のようなサテライト拠点を北茨城、日立、ひたちなか、水戸、土浦、神栖など各市に開設しているが、医師会と提携するのは初めて。取手市医師会は取手や守谷市の開業医で構成。医師会病院の病床数は215床。(今橋憲正)


//////////////////////////////////

医師不足の解消へ、筑波大と連携協定 取手市医師会、資金を寄付 /茨城県
2014.02.06 朝日新聞



 県南地域の医師不足を解消しようと、筑波大と取手市医師会は5日、「取手北相馬保健医療センター医師会病院」を地域医療に関する研究拠点とする協定を結んだ。全国から公募する医師3人が病院で、診療を通して研修医らの指導にあたる。

 協定によると、医師の人件費や研究費などとして、医師会が新年度から5年間で総額2億2500万円を大学に寄付し、「県南地域医療教育学」をテーマに講座を開く。

 拠点の医師会病院に「取手地域臨床教育ステーション」(仮称)を設け、医学生や研修医の臨床実習の場として生かす。すでに筑波大は医師3人の公募を始めている。

 取手市や守谷市などの取手・竜ケ崎医療圏の人口10万人あたりの医師数は、つくば、水戸、土浦の各医療圏に次ぎ県内で4番目だが、全国平均の7割程度にとどまるという。

 締結式で、取手市医師会の真壁文敏会長は「県南の地域医療と筑波大の最先端医療の橋渡しができたのは大きな喜びだ」とあいさつ。筑波大の永田恭介学長は「県南地域の医療の充実、強化に最大限の努力をしたい」と話した。