医療機関でノロ集団感染、60代男性死亡 和歌山・田辺

2014.01.25

医療機関でノロ集団感染、60代男性死亡 和歌山・田辺
2014年1月24日朝日新聞
 

和歌山県は24日、同県上富田町の医療機関「南紀医療福祉センター」でノロウイルスが原因とみられる集団感染が発生し、利用者19人と職員12人の計31人が嘔吐(おうと)や下痢の症状を訴えたと発表した。

このうち60代の男性利用者1人が同日、急性呼吸促迫症候群で死亡した。

この男性を含め、利用者3人の便から簡易検査でノロウイルスが検出され、詳しく調べている。

 県健康推進課によると、14日から嘔吐などを訴える人が出はじめ、22日に16人が症状を訴えたため、センターが同日、県田辺保健所に連絡したという。https://www.facebook.com/CopperJapan/posts/470168866426131