病気の子どものための"ドナルド・マクドナルド・ハウス"、名古屋にオープン

2014.01.21

病気の子どものための"ドナルド・マクドナルド・ハウス"、名古屋にオープン
  山口晴子 
 
 病気の子どもに付き添う家族のための滞在施設「ドナルド・マクドナルド・ハウス」をご存じだろうか。このほど愛知県名古屋市の名古屋大学医学部附属病院内に「ドナルド・マクドナルド・ハウス なごや」 (なごやハウス)が完成した。

病院の近くに"我が家のようにくつろげる第2の家"

ドナルド・マクドナルド・ハウスは、病気と闘う子どもとその家族が病院の近くに低料金で滞在できる施設だ。

コンセプトは"HOME AWAY FROM HOME"、我が家のようにくつろげる第2の家。
全施設最寄りの病院から5分以内という病院隣接地(病院敷地内を含む)にあり、利用料は1日1人1,000円という。

公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパンが管理・運営、企業や個人からの募金や寄付によって成り立っている。

日本に9カ所、世界33カ国に328カ所ある


http://news.mynavi.jp/articles/2013/12/03/dmhc/

⇒ 福岡にも・・・
http://www.dmhcj.or.jp/news/?p=775