特別交付税 道内252億円

2013.12.11

特別交付税 道内252億円
2013.12.10 北海道新聞


 総務省は10日、2013年度12月分の特別交付税として、総額2929億円を地方自治体に11日付で配分することを決めた。

特別交付税は、災害や過疎対策への歳出が必要となった自治体を支援するもので、今回は、台風18号や26号など豪雨被害への対策経費に139億円を盛り込んだ。

 ほかに主な項目として、過疎地の公立病院支援といった地域医療の確保に989億円を計上した。

都道府県別の交付額は、最多が北海道の252億円で、兵庫122億円、新潟108億円と続いた。

 特別交付税は、12月と翌年3月に配る。

これとは別に、原則として東日本大震災の被災自治体向けの震災復興特別交付税を9月と3月に配分する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


豪雨対策に139億円 特別交付税配分 静岡県へ62億円
2013.12.10 静岡新聞


 総務省は10日、2013年度12月分の特別交付税として、総額2929億円を地方自治体に11日付で配分することを決めた。
特別交付税は、災害や過疎対策への歳出が必要となった自治体を支援するもので、今回は、台風18号や26号など豪雨被害への対策経費に139億円を盛り込んだ。

 ほかに主な項目として、過疎地の公立病院支援といった地域医療の確保に989億円を計上した。

都道府県別の交付額は、最多が北海道の252億円で、兵庫122億円、新潟108億円と続いた。静岡は62億円。

 特別交付税は、12月と翌年3月に配る。これとは別に、原則として東日本大震災の被災自治体向けの震災復興特別交付税を9月と3月に配分する。