クオリーメンなど、再生因子を使う次世代再生医療の臨床試験を2014年に開始

2013.12.28

クオリーメンなど、再生因子を使う次世代再生医療の臨床試験を2014年に開始 [2013/12/12]
 

 
クオリーメンと南東北病院グループは12月10日、「『次世代再生医療』南東北病院グループによる臨床研究開始」という会見を開催し、細胞を使わない、再生因子による「次世代再生医療」を開発したこと、ならびに肝硬変・糖尿病の患者を対象に、臨床試験を2014年春より開始することを発表した。

会見には、クオリーメンの山下靖弘代表取締役社長、南東北病院グループの渡邊一夫理事長、同グループに所属する東京クリニックの照沼裕副医院長が登壇し、各々が説明を行った。


幹細胞などから分化させた細胞を、体内に直接移植する「幹細胞による再生医療」は、損傷を受けた生体機能を再生させる新たな治療方法として注目されている。

この再生医療で中心的な役割を担う幹細胞として最も注目されているのがiPS細胞だ。

そして、ES細胞や、歯随や骨髄、脂肪、臍帯血などに由来する「体性間葉系幹細胞」なども含め、多分化・増殖能を持つ細胞の利用が広<研究されており、これまで治療ができなかった病気の新たな治療法として期待されているのである・・・・・



http://news.mynavi.jp/articles/2013/12/12/quarry-men/