日本式周産期医療をベトナムへ輸出

2013.11.29

日本式周産期医療をベトナムへ輸出
経産省プロジェクトに愛知の葵鐘会が採択

経済産業省の平成 25 年度「日本の医療機器・サービスの海外展開に関する調査事業」において、医療法人葵鐘(きしょう)会(愛称ベルネット、愛知県稲沢市、理事長:山下守)の「ベトナムにおける日本式周産期医療提供プロジェクト」が採択されました。


安倍内閣の「三本の矢」の一つ「成長戦略」において、日本の質の高い医療が有望な輸出産業と位置づけられています・・・・

http://www.kishokai.or.jp/pdf/info20130819.pdf