特に医療費で問題になるのは病床数だ。

2013.11.19

特に医療費で問題になるのは病床数だ。日経メディカルNEWS 2013. 10. 9


病床数については、「現在、最も充実した急性期医療を提供する7対1の病床が35万床もある。

超高齢社会において、バリバリの救急医療を行う医療施設がこれほど必要なのか」と宇都宮氏は指摘した。

2025年に目指す病床数のバランスについては、高度急性期18万床、一般急性期35万床、亜急性期等26万床、長期療養28万床──などと説明した

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/201310/532912.html?ref=RL2