ドナルドマクドナルド ハウスは、お家から遠く離れた病院に入院しているお子さんとご家族のための第2のわが家。

2013.09.17

ドナルドマクドナルド ハウスは、お家から遠く離れた病院に入院しているお子さんとご家族のための第2のわが家。
 
お子さんの治療に付き添うご家族のための滞在施設http://www.dmhcj.or.jp/house/list/index.html
です。

もしも子どもが病気になったら・・・
子どもが病気になったとき、家族はなによりもまず、子どもに最善の治療を受けさせよう!と考えるもの。

でも、もしその病院が自宅から遠い場所にあったら・・・
家族の負担は精神的にも肉体的にも、そして経済的にも大きなものになってしまいます。

そうなったら親は、自分のことなど二の次で、子どもの治療に専念しようと、何日も病院のソファーで寝たり、三食を簡単な弁当で済ませたり。

その上、遠くの家に残された他の子どもたちのことも心配しなくてはならないのです。ドナルド・マクドナルド・ハウスは、このようなご家族をサポートするために生まれました。

コンセプトは"HOME AWAY FROM HOME"我が家のようにくつろげる第2のわが家。
 病気のお子さんに付きそうご家族が、自宅にいるようにゆったりすごせること、それがハウスの願いです。ハウスでは、日常生活がスムースにおくれるように、自炊ができるキッチンやリビング、ダイニング、ランドリーやプレイルームを完備し、プライバシーを守れるように配慮したベットルームもご用意しています。費用については、ご家族の負担を考え、1人1日1,000円で利用できるようになっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大学病院に建てられたニューモデルのハウス

2006年9月、栃木県下野に国内5号目のとちぎハウスがオープンしました。
 自治医科大学の強い要望とご協力によってとちぎ子ども医療センターの向かいに誕生した7室のハウスは、
 自治医大より建物を無償でお借りし、国内において初の大学病院併設型施設となります。

ハウスは満室でご利用できない家族が多くいた為、病院と協議した結果、ハウスの増室工事を行い、
2013年7月、部屋数を10室に増やすことができ、リニューアルオープンすることができました。
 今後とも、自治医大子ども医療センターと連携して、お子さんとご家族のサポートにあたります。


http://www.dmhcj.or.jp/house/list/nagoya.html