(医療・介護最前線)赤字克服 選ばれる病院へ続く挑戦 /神奈川県

2013.09.07

(医療・介護最前線)赤字克服 選ばれる病院へ続く挑戦 /神奈川県
2013.09.06朝日新聞



 地域医療を支える公立病院は多くが赤字経営に苦しむ。大和市立病院も「存亡の危機」に陥ったが、4年で回復し、黒字を達成した。取り組みをみた。

     *

 「ママのびょういん!」

 病院直営の託児施設「ひまわり保育園」。
園庭で遊ぶ幼児たちが教えてくれた。園舎越しの病棟では、さきほど園まで送ってくれた母親たちが、医師や看護職員として働いている。

 園児49人を25人の職員が預かる。年末年始以外は無休。入園時期も登園時間も、勤務にあわせ自由に受け入れる。

 夜間託児室も併設する。
週末の朝、小林英樹君(5)と健人君(2)は、看護師の母映令子(えりこ)さん(37)が迎えにくると飛びついた。夜勤を経て18時間ぶりの対面。
保育士から10分間以上かけて様子を聞いた映令子さんは「ここのおかげで、早く職場に復帰できました。子どもも気に入っていて安心なんです」。

 同院は、年2億円規模だった赤字が、2007年度から2年続けて10億円前後に拡大。
「できることは何でもやる」と、40以上の新たな対策を進めた。
24時間保育は、働き盛りの職員の復帰を支援する要の策だ。

 経営悪化は04年からの医師不足が発端だ。08年には小児科1人(現在10人)、産婦人科1人(同8人)となった。
看護職員の離職率も、08年度は15%(昨年度5%)に。就職が前提の看護実習生は同年度はゼロ(同約200人)になった。
お産予約や小児科新規入院の休止など通常の診療ができなくなり、患者が減り、評判も落ちる悪循環。

 「まずは医療従事者に選ばれる病院を目指しました」。
着任6年の五十嵐俊久院長(57)はいう。
子育て中の女性医師の短時間勤務▽当直を減らすための非常勤医雇用▽手当拡充――。
待遇を改善したうえで、院長は大学医局を年間約50カ所訪ね、医師派遣の理解を得ていった。

 看護職員ら現場の声も重視した。
看護助手や派遣看護師の採用、奨学金制度復活。
若者にアピールしようと、テレビや映画のロケも21件受け入れた。

 PRグッズや就職フェアへの参加を提案した上迫佳仁看護主任(32)は「自分らの意見が実現していくことで、職員のモチベーションもあがりました」。

     *

 患者向けの改善も進む。早朝の採血室は診療開始前からフル稼働。
朝8時にきた男性(54)は「待ち時間がないし、受診も早い。病院にいる時間が短くなった」。
ロビーには説明センターを設け、新生児集中治療室を再開。トイレやカーペット、売店や食堂もリニューアルした。

 コスト削減には流れなかった結果、スタッフは現在、最少時と比べて医師は30人増えて77人、看護職員は65人増えて326人で、いずれも過去最多に。

患者や手術数、病床利用率は上昇。
11年度には21年ぶりの黒字を達成した。赤字が最大だった07年度からわずか4年。
支出は2億7千万円増えたものの、収入は15億5千万円も増えた。

 五十嵐院長は「今の状態が続くとは思わない。
社会や医療制度の変化への対応が常に必要だ」と話す。昨年、県央初の地域がん診療連携拠点病院に指定され、今年は災害派遣医療チームを結成した。挑戦は続く。


 <公立病院の経営>

 公立病院は、救急や小児科など、民間が担いきれない不採算部門を支えるのが本来の役割だ。そこへ、2004年度に始まった新卒医師の臨床研修制度により大学が派遣医師の引き揚げを進め、医師不足が加速。06年度の診療報酬改定で、新たな看護基準を取得できなかった病院では看護師の離職に拍車がかかった。各地で経営難が深刻化し、自治体の財政難もあいまって、廃止や民営化が相次いだ。

 総務省によると、赤字の公立病院は11年度、全国853院のうち47%。06年度の74%から改善したが、依然として厳しい。県内では、16病院(県立病院機構を除く)のうち六つが赤字だった。


 ◆「当たり前のこと懸命に」で好循環(記者のひと言)

 かつて医療担当として破綻(はたん)した地域医療の現場を見てきた。
大和市立病院も、どう転ぶか知れなかったと思う。
「秘策はない。
当たり前のことを懸命にするだけ」と事務局の人々。
あいさつ運動が自然に生まれ、院外に出向いた医療教室が増え、医師の論文も増えたと聞くと、余裕と好循環を感じる
。看護師の派遣会社には「働きやすい」と評判を得ていた。超高齢化社会に対して、新たな地域貢献を期待したい。(吉村成夫)


 【写真説明】

 敷地約千平方メートルの託児施設。行事や給食など認可保育所と同様の保育を施す。後方は病院

 院内の早朝採血は毎日約40人が利用する。臨床検査技師と看護師が協力して時間外に対応している=いずれも大和市深海西