学校法人昭和大学と院内助産システム構築に向けた包括協定を締結

2013.06.12

学校法人昭和大学と院内助産システム構築に向けた包括協定を締結(2012年02月21日)


本学を運営する学校法人京都橘学園と、医・歯・薬・保健医療学部の大学をもつ学校法人昭和大学は、2012年1月16 日(月)、教育・研究に関する包括協定を締結しました
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////




院内助産システムを開設、昭和大病院が産前から継続サポート/横浜(カナロコ2012年5月8日)


陣痛から分娩、回復までを1部屋で過ごせるLDRなど設備も充実したマタニティハウス=昭和大学横浜市北部病院



 昭和大学横浜市北部病院(横浜市都筑区茅ケ崎中央)が、助産師が分娩(ぶんべん)介助などをする院内助産システム「マタニティハウス」を開設した。

妊婦健診から出産、産後の育児相談まで、継続して助産師がサポートするのが特長。

市内の大学病院で同システムの開設は初めて。

分娩取扱数を増やし、若い世代の多い市北部のニーズに対応する。

 開設したのは西棟3、4階。個室12室、4人部屋3室の計24床で、陣痛から回復までを1部屋で過ごす「LDR」も4室設け、出産は全てLDRで行う。

 妊娠初期の検査などから低リスクとみられる妊婦で、院内助産の希望者は、妊娠16週から同システムに移行。妊婦健診から出産、産後の母乳指導や育児相談まで助産師が対応する。

 助産師の継続的なサポートを受けながら、定期的に同病院の産科医が診察。
異常があれば産科に移り、産後も新生児集中治療室などで治療を受けられ、必要に応じて大学病院の専門的な医療も用意されている。

 都筑区の2010年の出生数は約2100件に上るが、区内で分娩を取り扱う施設は同病院も含めて4施設のみ。
同病院でも月70人の出産受け入れ可能枠を超える希望者があり、断ることも多かったが、マタニティハウスの開設で5月からは月80人に拡充する。

 田口進院長は「助産師が経験を積んで技術を高め、医師とも信頼関係を築くことで、医師はハイリスク妊婦や医療に専念するなどの機能分担を進め、産科医療の改善につなげたい」と期待を寄せている。

 問い合わせは、同病院電話045(949)7000。




http://www.tachibana-u.ac.jp/hotnews/2012/02/post-22.html