二重ローン支援が121件に 震災機構が1年間で

2013.06.10

二重ローン支援が121件に 震災機構が1年間で
2013.3.1 産経ニュース
 震災で被災した企業の二重ローン問題に取り組むため設立された東日本大震災事業者再生支援機構(仙台市)は1日、事業開始から約1年の累計の支援決定件数(2月末時点)が121件となったと発表した。2015年3月末に累計で1050件を目指す目標も明らかにし、活動を加速させる方針だ。

 支援機構は昨年3月5日に業務を始めた。当初は知名度不足で相談を持ちかける企業が少なく、支援件数が伸び悩んだ。だが、自治体や金融機関が活用を呼び掛けた効果もあって、徐々に増える傾向にある。

 これまでの支援案件を県別にみると宮城が58件でもっとも多く、岩手の48件、福島と青森の各6件が続く。3月は全体で60件程度を見込む
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



1.支援決定の状況
○今月の特徴的事例
【岩手県】(第200号支援決定)
岩手県宮古市で、かりんとう等の菓子製造販売を営む事業者。津波により在庫及び有形資産が全壊流出。同社は昭和8年の三陸大津波でも被災。当機構で震災前リース債権を買い取り、元金支払猶予、利息減免を実施することで過剰債務の解消を目指し、金融機関から新規融資を受ける際には機構保証を実施する。買取対象債権の元本総額はこれまでの支援決定の中で最小金額となる。
【宮城県】(第197号支援決定)
宮城県の運送業者。津波により県内営業所が全壊し、営業用車両も流出する直接被害に加えて、取引先が被災したことによる間接被害も発生。当機構が震災前債権を買い取り、元金支払猶予、利息減免を行うことで返済負担を軽減する。また、当機構より専門家の派遣を行うことで事業者のガバナンス強化を図る。
【千葉県】(第198号支援決定)
千葉県の金属製品製造業者。震災による液状化被害により業務停止を余儀なくされる。当機構で震災前債権を買い取り、一部について債務免除を行い、元金支払猶予及び利息減免を実施する他、金融機関からの新規融資に対する機構保証を予定。千葉県で初の支援決定案件。

http://www.shien-kiko.co.jp/pdf/130604shien-kiko_pressrelease.pdf