移乗支援ロボット

2013.06.06

移乗支援ロボット
現在、多くの医療や介護の現場では患者や要介護者のベッドからの移乗に、2人の介助者や介護者が必要です。
一般的に行われている要介護者を抱きかかえての移乗の補助は、腰への負担が大きく、介助者の7割近くが腰痛を持っているというデータもあります。
移乗支援ロボットは、ベッドからの移乗機能だけでなく、トイレなど室内や屋内の目的地への移動機能も兼ね備え、アシスト機能により介助者や介護者が1人の場合でもより楽で快適な移乗と移動を支援するロボットです。
一人で介助や介護できることは、介助者や介護者の身体的な負担と介護される人の心理的な負担を軽減し、快適に気軽に移乗と移動ができるようになり、相互のQuality of Lifeの向上につながります。

http://www.toyota.co.jp/jpn/tech/partner_robot/technical_presentation/


http://www.toyota.co.jp/jpn/tech/partner_robot/family_2.html#h204