桑名市総合医療センター:次期理事長、三重大付属病院の竹田院長が就任へ 

2013.05.30

桑名市総合医療センター:次期理事長、三重大付属病院の竹田院長が就任へ /三重
2013.05.29 毎日新聞 


 桑名市総合医療センターの次期理事長に、三重大医学部付属病院の竹田寛院長(64)が就くことが決まった。
同大の内田淳正学長からの推薦を受けた伊藤徳宇市長が28日、任命を発表した。10月1日に正式就任する。

 伊藤市長は「地域医療の再生には連携強化が必要だ。竹田氏就任は意義深い」と述べた。
内田学長は「地域病院のモデルと位置付け、病院のエースを推薦した」と語った。

 竹田氏は放射線科などの専門医。同大医学部放射線科教授などを経て、09年に付属病院長。同市が計画中の新病院建設では、有識者の支援委員会長も務めた。
「桑員地域の基幹病院として医療充実に積極的に取り組む」とコメントした。【岡正勝】