牛久愛和総合病院の院内保育所

2013.05.09

牛久愛和総合病院の院内保育所
旭中央病院検討委員会の委員でもある長隆先生が
病院内保育所のモデルとして牛久愛和総合病院の
院内保育所をツイッターで紹介していました。
http://www.jojinkai.com/nurse/17/index.html

24時間保育はもちろんのこと、幼稚園との二重保育もしており、
保育園から幼稚園バスに乗せてもらうサービスもあるため
夜勤のお母さんは職場を離れることなく、仕事が終われば
家に帰って寝ることができます。

学童保育もしているため小学生低学年が長期休みに入った時なども
保育所で預かってもらうことが出来ます。

ここまで保育体制が充実している病院は珍しいと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


牛久愛和総合病院489床 院内保育施設『マリア・ナーサリー』

当施設は医師・看護職員の就学前のお子様を(0歳〜6歳)を24時間体制で保育する福利厚生施設です。

24時間保育をはじめ、早朝保育や延長保育なども実施し、看護師が長い期間キャリアを継続出来る環境づくりをしています。
病院敷地内にあるため、送り迎えが安心です。
.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


;入園対象:0歳〜6歳(就学前)、利用者数:約70名(登録者)保育士数:23名(常勤14名、非常勤9名)
保 育 料 :0〜3歳未満 1時間100円、3歳児以上 1時間75円

.; 二重保育について 他の幼稚園と当施設の二重保育も可能です。幼稚園の送迎バスが敷地内に来ますので、勤務が終了するまで当施設でお預かりすることもできます。

;夜間保育について 夜勤のため、家庭保育が不可能な場合に利用できます。
学童保育について 就学時(小学生)の休校日、春夏冬休みで家庭保育が不可能な場合にお預かりできます。 父母会について ,ご父兄と保育士、または父兄間で連絡を密にし、信頼と安心を高め、子供たちの心身の健やかな成長を支援するため父母会を設けています。