ちばの耳より情報満載 千葉日報ウェブ

2013.04.20

 


ちばの耳より情報満載 千葉日報ウェブ




医師スカウトすれば…100万円あげます 匝瑳市民病院が謝礼金制度

2013年04月04日 千葉日報


医師不足に悩む国保匝瑳市民病院。医師紹介者に最大100万円の謝礼を支払う制度を始めた=匝瑳市八日市場イ

 医師不足の解消に向け匝瑳市の国保匝瑳市民病院(菊地紀夫院長、病床数145)は、病院に医師を紹介した仲介者に最大100万円の謝礼金を支払う制度を始めた。仲介者は広く一般を対象にしており、同病院によると、同様の制度は全国的に珍しいという。

 謝礼金は常勤医の紹介で100万円、非常勤医は20万円。紹介した医師が同病院で3カ月以上勤務した場合に仲介者へ支払われる。
医師との調整費用は仲介者が負担し、面接の結果不採用になった場合は謝礼は出ない。

 同病院の常勤医は現在11人で、10年ほど前と比べて半減した。
仲介業者を通して医師集めをしてきたが「都内から遠くて通えない」「子どもの就学など住環境が整っていない」などの理由から採用面接にすら至らず、医師確保が困難な状況が続いている。

 問い合わせは同病院、電話0479(72)1525


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


千葉県旭市議会議員 大塚ゆうじのブログ(4・16)
医師紹介者に100万円の謝礼

匝瑳市が匝瑳市民病院に勤務する医師を紹介した人に
謝礼を払う制度を始めました。謝礼金の額は常勤医を
紹介した場合は100万円、非常勤の場合は10万円です。
http://www.chibanippo.co.jp/c/news/local/130702

自治体の政策にしては大胆だと思いますが、実は
医師紹介会社の場合、常勤医を紹介したら当該医師の
年収の2~3割が病院から会社に支払われます。

したがってこの制度はインパクトはあるものの、
実効性についてははてなマークがつくと考えます。

医療過疎地域の諸問題は一つの病院、一つの自治体だけで
解決出来るようなものではなく、地域の病院、地域の自治体が
一緒に解決すべきものだと思います。

そういう意味で銚子市長選挙の結果が東総地域の医療に
大きな影響を及ぼす可能性があると予想しています