銅製品情報 「新光金属」

2013.03.27

銅製品情報 「新光金属」
http://www.d3.dion.ne.jp/~sinkoudo/sub2.htm 

『銅製 湯桶』

http://www.kwn.ne.jp/5890_yuoke/
●銅イオンの抗菌効果で清潔入浴
使い込むと十円硬貨のような土色に変化し、レトロ感覚も抜群です。!
それでいながら「銅イオン」の殺菌抗菌効果は半永久的!とても強力です!

●24時間風呂でも問題になったレジオネラ菌はもとより病原性大腸菌O-157まで完全に死滅させる、とても頼りになる金属です。

●湯舟に入れておくと、お湯も殺菌してくれる上に水道水に含まれる塩素も完全分解してくれます!
どうせ入れるなら逆さまにしてイスの代わりにして半身浴を楽しみましょう!とても衛生的に美容と健康を楽しんでみては?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

:塩素を分解する銅のケトル 銅とお茶の絶妙の関係 昔から湯沸しは銅に限ると云われています。

銅が塩素を分解し臭いが取れ銅の殺菌・抗菌作用とともに水を美味しくするからなのです。 銅の急須は塩素を分解し銅の茶筒は殺菌・抗菌性そして、銅にもお茶にも殺菌作用と健康を保つ働きがあるのです。


:銅の湯たんぽは
電気製品のように、
脱水症や体力の消耗・心臓に負担などございせん。
病人やお年より、赤ちゃんなどに安心してお使い頂けます。

:環境に優しい銅製品 銅は花を美しく
咲かせます 水質汚染の原因は生活排水が70%占めています。
この生活排水を浄化する事に貢献するのが、銅の台所用品なのです。雑菌やヌメリを防止し台所を衛生的にしかも環境に優しいすぐれものです。
食中毒やO-157にも効果あります。

:銅の花器は
微生物や雑菌の繁殖を防ぎ塩素を分解し水をきれいに保ちます。
銅イオンの効果は花の色を鮮明にそして長持ちさせるのです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
銅具Q&A
お客様からよくいただく質問を、Q&A方式でお答えします。


Q:銅製品を使うにあたって注意することはどんな事ですか
A:調理後は内容物を保存しないでください。緑青の発生やメッキがとれる原因となります。
   食事後は速やかに他の容器に移してください。また、塩分や酸等を含んだ汚れを付着させたまま放置したり、湿気の多い場所での保管は緑青発生の原因となります。

Q:始めて使用する場合はどのようにすればよろしいですか。
A:加工の際についた臭いや油分を取るため、内側を中性洗剤で洗い、一度お湯で煮立てて からお使い下さい。 その時野菜のクズなどを一緒に煮立てるとよくなじみます。

Q:銅製品の外側に何か皮膜みたいなものがぬってありますが、落として使うのか、このまま使ってもいいのですか。
A:銅製品の外側には変色防止のために、クリヤ-ラッカ-を焼き付けてある商品もあります。
 そのままの状態で使用されても差し支えありません。
また、ラッカ-を取ってご使用の場合は、市販されているベンジンや家庭塗料の薄め液等を柔らかいスポンジや布につけ製品の外側のラッカ-をこすり落としてください。液が少ないとすぐに液が蒸発してしまい、
液の付着した部分が白くなる事があります。その時は再度繰り返し行い、最後に中性洗剤 で洗い、すすいだあと、ご使用下さい。

Q:銅製品の内側にメッキが施されているのはどうしてですか。
A:厚生省の食品衛生法により、鍋、ケトル、フライパン、マグカップ等の製品の内側にメッキを
施すように規制されています。
この規制は昭和27年に施行され現在に至っております。緑青は無害と認定されたにもかかわらず、法の改正は行われないまま現在もその法に基ずいて、メッキを施しています。

Q:内側メッキは永久ですか。
A:メッキは長く使用していれば必ずとれます。

Q:内側のメッキ部分に黒い斑点が出来たのですが。
A:メッキ部分には目に見えないピンホ-ルがあり、水道水に含まれる塩素等の影響により 発生するものです。
他の金属でも発生する一般的な現象。そのまま使用しても 衛生的に問題はありません。
 
Q:メッキがとれた状態で使用したらどうなりますか。
A:そのまま使用してもかまいません。銅イオンの効果は上がります。メッキ再生には実費にて お受けしております。

Q:銅に緑青色のようなものがつき、料理の表面が緑色になりました。体に害はありませんか。
A:緑青の発生は、鍋の中に料理を長時間放置したり、水分を付着させたまま放置しておくと発生します。
緑青は水や高温で煮汁してもとけず体内に入っても吸収されずにすべて排出されます。また緑青は無害ですので安心してお使い下さい。

Q:緑青が発生した場合はどうすればいいですか。
A:緑青のおとしかたは、酢(家庭用)に同量の塩を混ぜた溶液を布につけて緑青部分をこすりおとしてください。その後は食器用洗剤で洗い、すすいだ後水気を拭きとってください。

Q:緑青の発生を防ぐには。
A:食事後は速やかに他の容器へ移し変えてください。その時十分に洗浄して水を切り 拭いて保管してください。

Q:焦げつかせた時のお手入れの仕方は。
A:焦げつきをおとす時は、熱湯に浸して、焦げ付きを柔らかくしてから、スポンジまたは、たわし等で取り除いてください。 ナイフや傷つけやすいものを使用しないでください。
   緑青の発生原因となります。

Q:空焚きをしてしまったら。
A:空焚きは火災や本体の変形、取っ手及びツマミの破損の原因となります。
再生できる場合と、できない場合があります。お買い求め店及びメ-カ-にご相談ください。

Q:銅鍋の外側をいつもきれいにしておくにはどうしたらいいですか。
A:中性洗剤を使って湯で洗い、水切りをよくして乾燥後、家庭でご使用の酢を布にたっぷり
  つけて汚れを拭きおとし、中性洗剤で酢分を洗い落としてから収納してください。
   (古い10円硬貨が酢できれいになるように)。
   市販の銅クリ-ナ-でみがいてもよいでしょう。