2月24日は『江古田の森』で会いましょう。~~(^▽^)   テーマは「在宅看護の必要性とやりがい」です。

2013.01.29

 

2月24日は『江古田の森』で会いましょう。

 テーマは「在宅看護の必要性とやりがい」です。


2月24日、『江古田の森』でお話しさせて頂くことになりました。そのテーマは「在宅看護の必要性とやりがい」です。

詳細は⇒こちらhttp://www.kaigo-egota.com/pdf/zaitakukango.pdf


村松静子がまず1時間程度、看護に対する熱い思いを語らせていただきます。

その後は2人のこれまた熱いお2人に、在宅看護に対する熱い思いを語ってもらいます。

その一人は、看護学校を卒業してすぐ、ICU設立時に村松と出会いました。

ICUで共に働き、その後もご家族の「助けて下さい」の一言で始まった訪問看護のボランティアも共に行い、当センターでもずっと一緒に在宅看護に取り組んできた仲野佳代子。

一人は、やはりセンターを設立した当初、今回のような場で出会い、その後は、ず~っと共に歩んできた鈴木紀子です。


『江古田の森』は、福島の「ここさこらんしょ」に最初にご支援を頂いた南東北福島病院の系列です。

ここにも訪問看護ステーションを設置しなければ・・・中野区近辺にお住まいのナースの皆さん、未経験でももちろんOK.フォローさせていただきます。こんな機会はなかなかありません。     とにかく、ご参加を!

皆さんと共に語り合う時間もきっとあるはず。2月24日は、『江古田の森』でお会いできることを願っています。