経営会議での診療データ・会計データの読み方・活用法   ~医療法改正、26年改定の方向性をふまえ~ ・・・・講師 長 英一郎 (東日本税理士法人 副所長) 

2013.04.11

 

メディカルコンソーシアムhttp://www.safetynet.jp/corp/riji.html

経営会議での診療データ・会計データの読み方・活用法
  
 ~医療法改正、26年改定の方向性をふまえ~



■講師紹介

長 英一郎氏 (東日本税理士法人 副所長)
東日本税理士法人 副所長 公認会計士、税理士、診療報酬請求事務能力認定試験有資格者 日本赤十字広島看護大学「看護政策論」非常勤講師 日本看護協会認定看護管理者サードレベル「財務管理」講師 まぐまぐ!で週一回月曜日にメルマガ発行。 主な著書は、医療経営なるほど、なっとくQ&A(日本医療企画)、病院管理看護部門経営塾(日総研)、医療経営士3級試験完全対策予想問題111(日本医療企画)、医療経営士3級予想問題集100問(電子書籍パブー)、医療法改正で変わる医療法人経営(清文社)など。 最新ITツールに関心あり。社会医療法人、DPC・病棟数字の読み方、医療経営士などをテーマに講演をしている。

■日時

2013年4月9日(火曜日) 開場18:00 講演18:30~20:30

■内容

病院経営会議というと財務諸表、診療データと資料は山ほどあるもののポイントをつかめないとの話をききます。2025年の社会保障改革、26年度診療報酬改定と医療制度が激変する中、意思決定もスピードが求められます。本講演では診療報酬改定の方向性をふまえ診療データや会計データをいかに活用するかについて考えます。
・トピック ここ3年で起こること
・中医協総会近況 外来医療・在宅医療・入院医療
・入院経路からみる医療資源の有効活用
・平均在院日数短縮でも下がった効率性係数
・銀行から病院はどのように評価されているのか?

■場所

NTT東日本関東病院(五反田) 4F カンファレンス
〒141-8625 品川区東五反田5-9-22

■参加費

5,000円

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



理事 篠塚 功 (メディカルコンソーシアム人材マネジメント部会長) 感想文

2013-04-09
病院経営のプロフェッショナル テーマ:ブログ 今日は、久しぶりにメディカルコンソーシアムでお勉強。打ち上げに参加し、今しがた、ふらふらしながら仕事場へ。ここの所、出張と重なったりして、参加できなかったので、本当に久しぶりです。

今日の講師は、東日本税理士法人の長英一郎先生。いつ聞いても分かりやすく明快な話には感服致します。今日のセミナーのタイトルは、「経営会議での診療データ・会計データの読み方・活用法」。公認会計士で、税理士であられる先生なので、財務諸表の説明を、病院の貸借対照表や損益計算書の数値を使いながら分かりやすくご説明いただき、しかも診療データの話まで明快なので、本当に勉強になります。


まさに、病院経営のプロフェッショナル。
今まで長く生きてきた分、多くの病院経営者や大学の先生、上場企業のトップや政治家などの講演をたくさん聴いてきましたが、これほど、病院経営にストレートに役立つ話は、稀だったでしょう。
まだ、38歳という若さなので、将来が本当に楽しみです。

病院の経営会議に提示すべき診療実績の項目や数値の見方等々についても、具体的なシートを使いご説明いただき、今日聴かれた病院幹部の方は、明日の経営会議から、そのまま使うことができるシートなので、本当に助かるでしょうね。
セミナーで、実践的ななお土産がついてくるのは、本当にありがたいことです